年中無休 0120-538-902

【平成29年最新】目黒区のゴミの出し方とゴミ収集(回収)日スケジュール

目黒区でゴミの出し方、収集(回収)日をお調べでしょうか?
目黒区のホームページを見たけど、どこに掲載されているかわからない、掲載されているが情報がまとまっていないのでわかりにくい…。

そのような悩みを抱えている方は多くいらっしゃるようです。

そこで東京片付け110番では、目黒区内のゴミ収集(回収)日を、誰にでもわかりやすいようまとめました。

今回紹介した内容で目黒区の家庭ゴミの出し方、分別方法、収集(回収)日まで全てがわかります。

実際に目黒区に連絡を取り、資料を集めた上でまとめました。

あなたにとってもわかりやすいよう、出せるゴミの種類から、分別方法、スケジュールをお伝えします。

家庭ゴミの出し方を全てまとめているので、もう目黒区でゴミの出し方、収集(回収)日がいつだったかわからないことはありません。

ぜひ参考にしてみてください。

目黒区のゴミ収集(回収)日に出せるゴミの種類

目黒区のゴミ収集(回収)日に出せるゴミは、「燃やす(可燃)ゴミ」「燃やさない(不燃)ゴミ(金属・陶器・ガラスゴミ)」「資源ゴミ」「古紙」です。

燃やす(可燃)ゴミとは?

生ごみ、食用油、衣類、、紙おむつ、資源として回収できない古紙、剪定した枝・落ち葉、ゴム製品、皮革製品、容器や包装以外のプラスチック製品、汚れの落ちないプラスチック製の容器や包装は、燃やす(可燃)ゴミとして扱われています。

燃やす(可燃)ゴミ例一例
生ごみ、食用油、衣類、紙おむつ、紙くず、ティッシュ、紙コップ、ビニールコート紙、写真、感熱紙など。剪定した枝・落ち葉など。ゴムホース、ゴム手袋、長靴、輪ゴムなど。靴、かばん、財布など。おもちゃ、バケツ、歯ブラシ、ビデオテープ、CDなど。納豆の容器、歯みがき粉・マヨネーズ・からしのチューブなど。

燃やす(可燃)ゴミの出し方

  • 生ごみは、水切りをしてから出してください。生ごみや紙ごみと、プラスチック・ゴム・皮革製品は同じ燃やすごみです。分けて出す必要はありません。
  • 樹木の枝は、長さを50センチメートル程度に切って、直径30センチメートル以内にまとめて出してください。
  • 衣類は目黒区エコプラザでは古布や古着の回収をしていますので、ご利用ください。
  • 食用油は、紙や布に染み込ませるか凝固剤で固めて出してください。目黒区エコプラザでは食用油の回収をしていますので、ご利用ください。
  • 燃やすごみは、蓋つきの容器か中身の見える袋に入れて、収集日の朝に出してください。段ボールでは出さないでください。ごみを収集して空になった容器は、すみやかに引き取ってください。
  • 竹串など、先のとがったものは危険ですので、まとめて紙などに包んで出してください。

燃やさない(不燃)ゴミとは?

陶磁器、ガラス、金属類、水銀を含む製品、スプレー缶・ライター・カセットボンベ類は燃やさない(不燃)ゴミとして扱われています。

燃やさない(不燃)ゴミ例一例
陶磁器、化粧品・薬品のびん、割れたびん、LED電球など。金属類、金属部分がはずせないプラスチック類、アルミはく、小型家電(最大辺が30センチメートル未満)など。水銀を含む製品。スプレー缶・ライター・カセットボンベ類。

燃やさない(不燃)ゴミの出し方

  • 平成28年4月より「水銀を含む製品」の分別回収を始めます。蛍光管や水銀体温計などは回収日時や出し方が変更になりますので、こちらをご覧ください。なお、水銀を含んでいないLED電球や白熱電球は、従来どおり月2回の「燃やさないごみ」の日に出せます。
  • スプレー缶・ライター・カセットボンベ類は、必ず中身を使い切ってから、別の袋に入れて「危険」と表示して出してください。
  • プラスチック類は、燃えないごみではありません。資源か燃えるごみになりますので、燃やさないごみの日には出さないでください。
  • 燃えないごみの収集は月2回です。第1・第3曜日の地域と第2・第4曜日の地域があります。収集曜日一覧でご確認ください。
  • 燃えないごみは、蓋つきの容器か中身の見える袋に入れて、収集日の朝に出してください。ごみを収集して空になった容器は、すみやかに引き取ってください。
  • ガラスや割れたビン、金串、包丁などは厚紙などで包み、「危険」と表示してください。

資源ゴミとは?

プラスチック製の容器や包装、ペットボトル、びん、かんは、資源ゴミとして扱われています。

資源(資源化物)ゴミ例一例
プラスチック製の容器や包装、ペットボトル、びん、かん。新聞、段ボール、雑誌類。

資源ゴミの出し方

  • 資源ごみは全て朝8時までに出してください。
  • プラスチック製の容器や包装は、中身の見える袋に入れてください。
  • びん・かんは、専用コンテナまたは中身の見える袋に入れてください。
  • ペットボトルは、専用ネットまたは中身の見える袋に入れてください。

古紙とは?

新聞、雑誌類(雑誌・書籍・雑がみ)古紙として扱われています。

古紙例一例
新聞、折込チラシ、段ボール、紙箱・パンフレット・カタログ・ノート・包装紙・封筒など。

古紙の出し方

  • 午前8時までにお出しください
  • 油や食品残さのついた紙、においのついた紙、粘着物のついた紙、防水加工された紙、ビニールコート紙、感熱紙、アルミコーティングされた紙は燃やすごみに出してください。
  • 雑がみ(ざつがみ)は、雑誌やパンフレットなどで挟むか紙袋に入れてお出しください。
  • 雑誌類、新聞紙は、折込チラシも一緒に束ね、ひもでしばってお出しください。
  • 段ボールは、折りたたんでお出しください。2枚以上ある場合はひもでしばってください。粘着(ガム)テープでは束ねないでください。
  • 古紙は、ビニール袋や段ボール箱に入れて出さないでください。
  • 古紙は雨の日も回収します。

目黒区のゴミ収集(回収)日

目黒区のゴミ収集(回収)日情報量が多いため、標準では情報を非表示にしております。
お住いの区の「+ボタン」をクリックし、情報を表示してください。

目黒区

休日、祝日、特別なゴミ収集(回収)日

土曜日、日曜日、年末年始を除いて、祝日や振替休日も通常通り収集しています。

年末年始は、毎年変動していますが、年末は最終金曜まで(平成29年であれば12月29日(金))、年始は4日スタート(土日・祝日の場合は次の平日)です。

粗大ごみはどうする?

目黒区の粗大ごみとは?

粗大ごみとは、日常生活に伴って生じた大型ごみで、一辺の長さがおおむね30cmを超える家具、寝具、電気製品(家電リサイクル品以外)、自転車などが対象です。
(エアコン・テレビ・冷蔵庫・冷凍庫・洗濯機・衣類乾燥機・パソコンを除く)

粗大ごみの出し方

粗大ごみの出し方は、別途まとめておりますので合わせてお読みください。

困ったときのお問い合わせ先

あなたのお住まいの地域のゴミ収集日がよくわからない、直接電話で確認したい、などがありましたら以下の連絡先にご連絡ください。

環境清掃部清掃リサイクル課

電話 03-5722-9572
所在地 〒153-8573 目黒区上目黒二丁目19番15号
開庁時間 月曜日~金曜日 午前8時30分から午後5時
(祝日・休日、12月29日から1月3日を除く)
※当サイトの情報について
当サイト上の掲載情報については、慎重に作成、管理しますが、すべての情報の正確性および完全性を
保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

最後に

目黒区のゴミ収集(回収)日はすぐにお分かりいただけたでしょうか?

情報が間違っている、こんな情報も掲載して欲しい、などご要望・ご質問ありましたらコメントください。

片付け110番が調査した上で、わかりやすいよう情報をまとめます。

コメントを残す

サブコンテンツ
  • 東京片付け110番
  • 年中無休 即日対応 秘密厳守 地域密着
  • 0120-538-902
  • 無料相談はこちら

このページの先頭へ